サイバーリーグルール

・東風戦、30分の打ち切り勝負

・場決めは東南西北のつかみ取り、東を引いたものが起家マークの置いてある席に座りそのまま起家となります

・25000点持ち30000点返し、ウマはなし

 トップ者にオカの20000点(20P)が加算される

・喰いタン、後ヅケ有の一般的なアリアリルール

 ダブロンは頭ハネ、捨て牌は6枚3段切りです

・ドラ、裏ドラはネクスト。槓ドラ槓ウラあり

 親の山にドラ表示牌が出た場合はダブルドラとなります。

 王牌は14枚残しとし、リンシャン牌がなくなった時点で槓はできなくなります。

・副露については発声優先となります。先ヅモは禁止します

・自分のツモ牌に触れた後にポン、チー、カン、ロンはできません

・コシ、見せ牌についての罰則はありません

・途中流局なし、親は和了、聴牌連荘。ノーテンで流局

・特殊ルールとしてオーラス終了時に30000点以上持っている人間がいない場合、南入しての誰かが30000点を超えるまで続行するサドンデスルールに突入します

・ノーテンリーチ、ゲーム続行不可能なほど山を崩した場合、他人の手牌を覗くなどした場合チョンボとなり満貫払いとなります

・多牌、少牌は発覚した時点でアガリ放棄となり、以降の副露やリーチはできなくなります

・30符4翻は切り上げ、七対子は25符2翻とする。

・数え役満あり(場ゾロ含めずの13翻から)

・トビなし、終了時箱下者がいる場合、箱下の方からトップの方に10P移動します

・フリテンはツモアガリのみ可能です。フリテンリーチ、リーチ後の見逃しあり

 

・サイバーリーチ棒

 リーチ時に使用すると和了点が倍になるリーチ棒

 1000点棒にジョイントを付けていただき使用します

 1ゲームにつき1本渡されます。

 他人のサイバーリーチ棒を奪うことはできません。

 萬子、筒子、索子全ての赤牌を使用しての和了を

 「オールスター」とし、サイバーリーチ棒が1本追加

 されます。オールスターは鳴いても成立とします

 サイバーリーチでも本場は倍にはなりません

・オープンリーチあり、通常のリーチの発声をオープンリーチと変えたのち、テンパイ形の部分を倒します。

 リーチをかけてない状態でオープンリーチに振り込むと役満払いとなります

 フリテンオープンリーチはなし。オープンリーチ後の見逃し、アガリ拒否はチョンボ扱いとします

 オープンサイバーリーチはありです。

・ダブル役満あり、国士無双13面待ち、純正九連宝燈、

 四暗刻単騎、大四喜はダブル役満とする

・発声のみの誤ロン、誤ポン、誤チーはアガリ放棄

 ノーテン扱いとなり以降の動きもできません